転居に必要な届け出とは|引越しの際に出るゴミはキチンと処分するのが鉄則

引越しの際に出るゴミはキチンと処分するのが鉄則

笑み

転居に必要な届け出とは

引っ越す

住民票と郵便転送

引越しの際には荷物を移すだけでなく、住民票の届け出などの役所関連の手続きや郵便の転送届などの手続きが必要です。住民票関連の届け出は転居前の市区町村で手続きをした上で、所定の書類を転居先の役所に提出することで完了します。同一市区町村での引越しの場合は役所で住所変更のみを行うことで手続きは終了しますが、いずれの場合も年金関連の住所変更は別途届け出る必要があります。郵便の転送届は以前は郵便局に直接赴く必要がありましたが、現在ではインターネットを利用して簡単に転送の申し込みができます。以上のように、住民票は直接役所に赴かないといけないため引越しの合間にしっかりと時間を確保し、郵便転送はインターネットを利用して簡単に済ませる必要性があります。

申請方法の注意点

引越し関連の手続きでは申請方法に注意することで、届け出の手間を省いたり転居に際してのトラブルを避けることができます。まず転居先の市区町村に変更がある場合、住民票の異動では住民基本台帳カードがあれば特別な書類を提出することなく転入が可能です。近年では市区町村によってマイナンバーを利用した転入届を導入しているところがあるため、住民票関連の手続きの簡素化については役所のホームページをしっかりとチェックしましょう。郵便の転送では、転居前の住宅に転送された郵便物を新しい住居にさらに転送することができないという点に注意が必要です。短期間で複数回の引っ越しがあり、住所が変わったことを知らせていない・届けていない相手がある場合は、それぞれの住居に対して転送届が必要です。以上のように、住民票では手続きの簡素化ができないかどうかということ、郵便物の転送ではさらに以前の住居に対して届け出る必要がないかどうかに注意しましょう。